株式会社ミズリクルートサイト2017

【漢方薬剤師という働き方】福田 茜
漢方薬剤師という働き方
【大学研修で学ぶ】馬場 澄絵
大学研修で学ぶ
【新しい店舗での挑戦】田久保 順也
新しい店舗での挑戦
安心のサポート体制
安心のサポート体制
多彩な教育・研修制度
多彩な教育・研修制度
MIZの挑戦と取り組み
ミズの挑戦と取り組み

MIZ STORY03 新しい店舗での挑戦- 地域との協創から見えたもの - 田久保 順也(新業態推進グループ)

新業態プロジェクトに携わって

 『そいよかね』開発のプロジェクトは会社100周年という節目の年に、私たち若手社員で開発プロジェクトがスタートしました。「これから求められる薬局」そして、地域の皆さまに「驚きと感動」を与えられ、そして「愛される」。そんなお店を創り上げたいと考えていました。当初は若い自分たちに本当にできるのか?不安もありました。メンバー皆で力を合わせて3年半後に実現することができ、オープンの日は感無量でした。

田久保 順也イメージ01

『そいよかね』が目指すもの

 私達は、「調剤薬局は、処方せん薬を貰いに行く場所」、「ドラッグストアは物を買い物しに行く場所」から脱皮しなければならないと考えています。
インターネットで薬を買える時代となりましたが、薬の安全性や有効性は誰かが担保しなければなりません。より身近な存在になることで、利便性だけではなく、例えば病気の初期相談を受けたり、薬剤師からの服薬状況や症状の確認を行うなど、健康を担保する面からもメリットが提供できます。

人が集まる場所にしたい

 コンビニ健診はその一つで、コンビニという日常生活のなかで利用する施設で特定健診を受けることができる取り組みは九州では初の取り組みです。250名の参加者への方からのアンケートでは、「コンビニなら気軽に行けた」という意見を多く頂きました。お客様の心理的な壁も払拭できているのではないかと感じています。
 また、駐車場での早朝ラジオ体操や、健康講座、地域団体やサークル活動への場所の提供など活動を行うことで健康をより身近に、地域の方が気軽に来ることができて、何でも相談出来る関係づくりに励んでいます。

  • 田久保 順也イメージ02
  • 田久保 順也イメージ03
  • 田久保 順也イメージ04
  • 田久保 順也イメージ05
  • 田久保 順也イメージ06
  • 田久保 順也イメージ02
  • 田久保 順也イメージ03
  • 田久保 順也イメージ04
  • 田久保 順也イメージ05
  • 田久保 順也イメージ06

地域の方との信頼関係がモチベーション

 『そいよかね』開業後、初めての店舗経験で業務に追われる日々が続きましたが、お客様から「遅くでも薬が買えて助かる」、「近くにあって便利」など、沢山の感謝の言葉をいただきました。また、夏祭りや高齢者サロンなどいろんなイベントに『ミズさんもおいでよ』と誘っていただくようになりました。
 少しずつではありますが、地域の皆さまとの信頼関係が積み上がっているのを感じます。日々良くなっていく店舗やお客様との関係性が、仕事のモチベーションです。

田久保 順也イメージ07

地域のかかりつけ薬局・薬剤師を目指して

 地域包括ケアの中で医療・介護は、より生活に密接に関わってきます。昔の薬屋は、お客様の健康のことから家族のことまで知っていて、何でも相談を受けていました。現在よく耳にする『かかりつけ薬局・薬剤師』の姿がそこにあったように思います。
 薬剤師をはじめとするスタッフが自ら地域に溶け込み、情報を発信し、地域の皆さまとの信頼関係を築き上げていくこと。健康に関する沢山の悩みを『そいよかね』で解決して、地域の方から愛され役立つ店作りをしていきます!

田久保 順也イメージ09

  • 地域包括ケアの実現
  • 佐賀県×ミズ 健康増進の取り組み
ページトップへ戻る