インタビュー#01

 使命の根源

私は7年間、病院薬剤師としてがん患者さんと向き合う時間を重ねる中で、「地域にがん領域専門家が根付いていけば救える命が増える。そんな仕事をしたい」と想いが強くなり、2008年に溝上薬局に入社し、2015年に「外来がん治療認定薬剤師」を取得しました。

 人生に寄り添う医療人

まず患者さんに、がん疾患について理解してもらうことから始まります。しかし“癌になった“事実をすんなり受け入れられる方はいません。ショックで言葉が出ない方、その場で泣き出す方もいらっしゃいます。“癌になった“この先を戦っていく患者さんに寄り添い、不安を和らげ、共に歩んでいくことが我々の仕事です。同じ癌種であってもひとりひとり環境など違いますから、説明の仕方や声のかけ方は間違いなく変わります。ひとりとしてマニュアル通りの対応をした患者さんはいません。がん治療を支える私たちは、人生に触れ、人生を共に考えます。薬剤師に必要なことは「病気」を見るのではなく、「人」を見ることです。

私の使命は、患者さんに安心してがん治療に向き合ってもらい、治療継続を支えることです。以前私が担当していたがん患者さんが亡くなりました。「自分は一体どれだけお役に立てたのだろうか?」と、答えのない自問自答を繰り返しました。しかし亡くなられた患者さんのご家族が私を訪ねて来てくださり、「あなたに会えて良かった」と言葉をいただいた時、何とも言い表せない気持ちが込み上げて来て、あらためて患者さんに寄り添って行く決心をしました。患者さんを支えているようで、実は私が支えられていることに気づきました。「救いたい!」「力になりたい!」という想いと、医療人として出来る事を追求する姿勢が「外来がん治療認定薬剤師」には必要です。

 地域で支えるがん治療

私も以前は大学病院薬剤師として、重い症状で苦しんでいる患者さんを担当する多忙な日々でした。担当していた咽頭がんの患者さんが声を失った事で、「もっと私に出来る事があったのではないか、もっと力をつけなければいけない!」という悔しさと、がん治療を続けるサポート体制基盤の必要性を感じ、「地域でがん患者さんを支えるのは誰か?私がやらなければならない!」と決意し、2019年に溝上薬局に入社し、2020年に「外来がん治療認定薬剤師」を取得しました。

薬剤師が専門領域を持ち責任を果たすことで、確実に地域や患者さんのお役に立てることが増えます。患者さんにとって「悩みを言える場所」「一瞬でも笑える場所」といった、心から安心できる薬局になりたいですね。がん患者様と向き合うプロフェッショナルとして、高い専門性と人間性を持って患者様に寄り添う存在であり続けたいです。

インタビュー#02

募集要項